江戸川区で建てる新築一戸建ての魅力

江戸川区には新築一戸建てに向いている敷地が残っています。

新築一戸建てを建てるためには、どんな道路に接しているかを見極める必要があります。
江戸川区では道路に接していない敷地も見られますが、そのような敷地には新築一戸建てが建たない可能性があります。新たな建物を建てることができる敷地かどうかは、区役所の担当課で聞く必要があります。


江戸川区で古くから住宅が建っている地域では道路幅が狭いため、建物の建築が認められない敷地が多くあるので注意が必要です。太い公道に面していれば、新築の住宅を建てることができます。

江戸川区の新築一戸建ての情報収集ができます。

敷地が決まったら、その敷地に見合う建物を設計する必要があります。

新築一戸建てに必要なのは安全性です。
地震に対する安全性や洪水に対する安全性は何よりも重視する必要があります。

地震に対する安全性は、建築基準法の基準以上の壁を設置しているかどうかを調べる必要があります。
壁が少ない建物は地震に弱いので注意が必要です。


洪水に遭いやすい敷地は標高の低い場所です。


江戸川区の標高は一般に低く、洪水に対する注意が必要です。



洪水に遭いそうな敷地はハザードマップに記載されています。
土地を購入する前に、ハザードマップによる安全性の確認が必要です。



江戸川区は都心に近い利便性が魅力です。

安全性を十分に確かめた上で、一定の道路幅が確保された敷地を選ぶ必要があります。必要な敷地は不動産会を丁寧に探すことにより見つけることが可能です。